プロフィール

Lio

Author:Lio
ツエーゲン金沢(JFL) 名古屋グラ(J1)
R・マドリー(リーガ)
西武(プロ野球) 熱烈応援!!


睡眠時間 滅茶多
夜更かし×→時間ずれました、朝寝昼起です(ダメ)
仕事スタイルを変えたせいもあります(*´∀`)
日本語△
英語力▲
その他外国語×

ブロとも申請フォーム
最新トラックバック

--/--(--)

スポンサー広告

コメント

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

12/11(土)

FM

コメント

10/11後半戦だよ、全員集合~(ドルトムントプレイ記③)
まず先に
クラブワールドカップ、開幕いたしましたねぃ
今年はJリーグチームが不参加なので(不甲斐ないす><)
それほど(まったく?)盛り上がってないような(日本的に)気もしますが。。。
とりあえず、
開幕戦はチェキしました~

な、なんて。。。レベル低いww
中東とオセアニアのチームでしたけど
はたと気づけば・・・
そっか、サッカー界ではオーストラリアはアジア枠に組み込まれたので
オセアニアというとニュージーランド以下もろもろになるのですね~
今回はパプアニューギニアのクラブチームが出場してましたが
あれなら、高校選抜大会の出場高校で勝てるんじゃ。。。
直接パワーでのぶつかり合いを除けば、日本の高校生の方がうまいって(あうあう)

さて、一方こちらは2011年のドルトムントよりお送りいたします(〃ω〃)

ぶっちゃけ言ってしまいますと、
ブンデスリーガ優勝しました(え∑(゚д゚*)
混戦だったのは中盤まで
ほぼ勝ち点で並んだ首位ドルトムントと2位レヴァークーゼンの直接対決
ドルトムントのHOMEジクナル・イドゥナ・パーク(読みは不確かw)でおこなれたゲームは
3-0でドルトムントが圧勝!
以降はレヴァークーゼンがじり貧で終わってみれば
2010レヴァークーゼン  2010後半戦  2010最終順位
あまりにあまりな結果で、面白みも何もあったもんじゃ・・・
ネタにもなりやしないよ・゚・(*ノДノ)・゚・

負けた相手は、長谷部のいるヴォルフスブルグ、矢野のいるフライブルグ、そして前期のフランクフルト
その他上位陣はまったく寄せ付けず
バイエルンに2勝、レヴァークーゼンに1勝1分け
ライバルのシャルケからも2勝、ボルシアンダービーのグランドバッハからは1勝一分けとほぼぱーふぇくつ!

カップ戦のドイツカップの方も、難なく決勝まで進んで
決勝はVSシャルケ!
因縁のルールダービーとあって、お客さんは大盛り上がり!!
・・・だったはずが
ルールダービー2010
グロスクロイツが前半だけでハットトリックの大活躍ww
おまいら、盛り上げるってことを知らぬのか。。。

とゆーことで、ドルトムント、ドイツ国内2冠たっせ~~~
いあーヨルゲン・クロップの築いたチームは強いすww
気になるのは不調のバイエルン、後半盛り返したとはいえ、この順位はやばひ。。。
解任の噂も盛んに流れてるし・・・
その噂のなかには、犬監督の次期監督候補にに含まれるものもあったし
もし、もしね、就任依頼がきたら、王者再建というのも面白そうかな、、、なんて
ドルトムントは好調すぎて面白く。。。(マテw


しかし、実は無敵なのは国内だけ、
ドルトムントの試練はヨーロッパリーグにこそあったのですよう!
辛くもナポリに続いて予選突破した後、一回戦の相手は、な、なんと。。。
イングランドのビッグ4 リバプール!
現在低迷期とはいえ、その実力はヨーロッパトップクラス。
はたして、その結果は・・

リバプール①  リバプール②
乱れ飛ぶカードw 絶叫する観客ww はじけるレフェリーwww
主役は間違いなく審判でしたww
いあ~ドキドキはらはらのおもろいゲームだったのは確かなんですけどねい
2試合で26枚は多すぎるでしょ!w
裏MVPはリバプールのフェルナンド・トーレス
決定機外しまくり、後でサポにたたかれたのは間違いないでしょうwあうあうww

びみょ~になにやら思惑が感じられた勝利のあとに続く2回戦は
本田圭佑のいるCSKAモスクワが相手。
そこに犬監督といえば
出場してない本田に警戒&熱烈ラブコール(ノ▽〃)
本田もまんざらでない様子(高額オファーがきたら考えるってさ)ムフー
CSKAモスクワ2010
実際の試合内容は、第一戦をロシア遠征の疲労からか0-1で落としたものの
相手を招き入れての第2戦では、3-1での逆転勝利v

さらに準々決勝でAZ(オランダ)準決勝でコペンハーゲン(デンマーク)を撃破!
96/97シーズン以来の栄光まであと少しとなりました♪

決勝の相手はプレミアのトテナム――
覚醒した神童ガレス・ベイルを筆頭とするスペシャルチームはこのシーズンプレミアで5位。
勢いにおいてはリバプールを遙かに上回る強豪です。
前評判2010
実際、前評判においても
トテナムが1.5倍、ドルトムントは1.625倍とわずかにトテナムが優勢・・・
王者といえども、それはドイツ国内の話なのか・・・

結果は、もつれもつれたPK戦の果てに
ドルトムント惜敗。。。
3人目のキッカーの時点まではリードしていながら
4,5人目が連続失敗、逆にトテナムは完璧に成功して。。。

完璧なシーズンとはなりませんでした(ノ∀;`)
が、しかーし
ここで優勝してたら、ドルトムント辞めてましたww
この結果はある意味、好都合∑(゚◇゚ノ)ノ
栄光の瞬間は来期のチャンピオンズリーグにて!
来期のキーワードは雪辱!ダ!!


10/11シーズンまとめ&11/12シーズンスタートに続きます

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

Designed by OreappDroid
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。